Duel Fighter 2
 (c)Team無限うなぎ 1996-1997

 「Duel Fighter 2」とは、ワタクシGTNを中心とした同人サークル、Team無限うなぎが作った縦スクロールSTGです。 必死で作ったので、X680x0ユーザーの方は是非ともプレイしてみてください☆

 どんなゲーム? と思うアナタは、こちらの紹介ページへどうぞ。


●動作環境●

このゲームは、68としては、結構シビアな環境を要求します。

  • TwentyOne.x(Ext(T.Kawamoto)氏作)が常駐していなければならない。
    データファイルに、8文字を越えるファイル名が存在するもので。 すみません、制作者の怠慢により、修正作業がなされぬままになってます。
     
  • X680x0 シリーズ Human68K。
    「68」と呼ばれるマシンなら、どのマシンでも動作します。
     
  • メインメモリ最低4MB以上。 なるべくフリーエリアを多く空けてください。
    メモリが足りないと、仮に起動はしても、ゲームの途中に突然実行が強制終了されることがあります。
    3Mと少し空いていれば、大丈夫だとおもいます、多分(^^;
     
  • クロック周波数16MHz以上を推奨。
    16MHzより遅いマシンでは、破片が飛び散らない、多重PCMが常駐しない、ショットのSEが鳴らないスコア表示が消えるなどの制限が加わります。
    10MHzマシンでは、それでも動作がかなり重くなります。
     
  • ジョイスティックが必要。
    操作は、ジョイスティックでしか行えません。

  • ●ダウンロード●

     実行用のアーカイブは、1つにまとめると大きすぎるという理由から、4分割してあります。
     実行用アーカイブ1,2,3,4を全てダウンロードして、全てを同じディレクトリ内に解凍してください。 その後の詳細については、添付されているドキュメントを参照してください。

     ソースファイルは、実行するには必要ありません。 中身を見たい人のみダウンロードしてみてください。 これも、実行用のプログラムと同じディレクトリに展開すれば、そのままGTNの開発時の状態が再現されることになります。

    アーカイブ サイズ 備考
    実行用アーカイブ1(DF2_X1.LZH) 589,102Byte 実行に必要(1/4)
    実行用アーカイブ2(DF2_X2.LZH) 1,015,808Byte 実行に必要(2/4)
    実行用アーカイブ3(DF2_X3.LZH) 1,043,869Byte 実行に必要(3/4)
    実行用アーカイブ4(DF2_X4.LZH) 522,342Byte 実行に必要(4/4)
    ソースアーカイブ(DF2_SRC.LZH) 262,144Byte 実行には必要ない

    ●エミュレータ用イメージダウンロード●

     エミュレータ用のディスクイメージです。
     ディスク1が、インストール用ディスクとなります。 ドライブ(エミュレータの)に入れて直接起動してください。
     インストールが終了すると、ディスク4を起動ディスクとして起動できるようになります。

    ※最後にディスク4に書き込みが行われますので、ディスク4については書き込み禁止にしないようにしてください。

    アーカイブ サイズ 備考
    ディスク1(DF2_1.DUP) 1,261,568Byte Installer起動ディスク
    ディスク2(DF2_2.DUP) 1,261,568Byte   
    ディスク3(DF2_3.DUP) 1,261,568Byte   
    ディスク4(DF2_4.DUP) 1,261,568Byte 起動ディスク

    ●なんと!●

     なんと光栄なことに、「Oh!X 1999夏号」の User's Works でも紹介して頂きました。 編集者の方々、採用ありがとうございましたっ!(>▽<)

     さらに! こないだ、DOS/V magazine 2000/05/15 号で、EX68のスクリーンショットでも載っけていただきました。 嬉しいッスどうもッス!(>▽<)


    戻る